« 大品山 | トップページ | 家族会議 »

2011年1月23日 (日)

第2弾!大品山

P1020899 1月22日(土)

再び『大品山 1420m』へ行ってきました!

今回は若獅子会メンバー3人(スキー2名・ボード1名)です。

先週はドカ雪だったため、前回の大品山スキーの際の積雪よりずいぶん積雪量は増えていました。

しかし、今回もしっかりトレースがついていたので、スキーの私は楽々に山頂まで足を進めることができあした。

一方ボードのMちゃんは必死でラッセルです!

P1020903

がんばれ!Mちゃん!!猛スピードでラッセルするMちゃん。

ラッセルの威力はすばらしい。

Mちゃんだったから、スキーについてこられたのだと思います。

さすが芦峅のサラブレットです。

P1020897Tくんはいつも鍛えてるだけあってスイスイ行っちゃいます。

P1020901有峰方面の山々。

P1020902   樹氷が血管のように脈々と張り付いています。

さ~て!滑るぞ!!P1020906 Tくんの滑り。「ひやっほ~!」

P1020907Mちゃんの滑り。

滑りはMちゃんが一番華麗でした。

写真では華麗に滑っているけど、実はほとんど滑れなかったんです。

積雪多すぎの底なしパウダーすぎて、ぜんぜん前に進まないんです。

傾斜もあまりないし板が上がってこず、滑ったというより歩いてばっか。

前回のコースどりとも違ったこともあり、まったくイイ斜面を滑れませんでした。

いつも案内してくださるシュンちゃんのコースどりが、いかに上手かってことを再認識しました。

そして登り返しや平坦なところを歩くことも多く、かなりのタイムロス!!

やばい時間になってきてしまいました。

貯水講までなんとか下りほっとしたけど、平坦な道にトレースがない!?

地図読みとGPSで位置を確認しながら再びラッセルです。

急げ!いそげー!!!!!!!!!

そして、なんとか栗巣野のスキー場まで出ることができました。

生還に万歳です。

滑ったというより登山をしたという印象の山行でした。

ギリギリセーフだったから笑っていられるけど、もうちょっと遅かったらビバークだったかも。

はぁ、とにかく無事に下山できてよかったですcoldsweats01

余裕を持ったプランを立てなきゃ。またいい経験になりました。

夜はまたまた若獅子会!誕生会でした。

P1020910_2

P1020916

おめでとうnote

若獅子会は冬も活発に活動ですhappy01

« 大品山 | トップページ | 家族会議 »

コメント

山登りって
スキー付けたまま登るの?
昨年の立山の時は 皆さんスキーを担いで登って
そして頂上から颯爽と滑っていましたよ
写真では急斜面みたいですけど
雪質の状態で滑りが違うのですね
自然が相手だけになかなか上手くいかないですね
私達も来週鳥取の大山に冬山登山に行く予定ですけど
例年以上に積雪多いみたいで
多少不安ありますが 元気に行って来ますね

無事に生還、よかったねぇ~!!
きっと”森の精”のちょっとしたいたずらですよ。ほれ、あの樹氷、まるでねずみが逆立ちしたよう・・・あんなのがあっちにもこっちにも・・・むこうにも・・・ん?向こうに、ねずみが逆さ!?
整いました!!向こうに”ねずみ”が逆さとかけて、冒険心旺盛なナチュリラさんと解く・・・
そのこころは?・・・ほんと、向こう”みずね”ぇ~!(ちゃんとねずみが逆さになってるでしょ)・・・ん~、ちょっといまいち!?大品に負けず”さぶ~~~!!”
でも無事に帰れたのもきっとTくんのお陰ですよね!!
それにしても若獅子会、元気あるわぁ~!!

○123さん
スキーを履いたまま登るんですよ。
クロスカントリーのように踵が上がるので楽チンです♪
鳥取の山はとてつもなく、例年より雪が多そうですね。
ラッセル頑張ってくださいね!
雪を楽しんできてくださいね。

○hシェフ
わはっ♪
ねずみが逆さになってる!?
スゴイすごーい!!天才!
それにしても、森の精のイタズラは毎回違うので毎回ハラハラドキドキ。
そのハラハラとスリルも好きなんですが、出来るだけ安心して山を歩きたいですね。
とはいっても、hシェフのおっしゃるとおりTくんのナイスナビのお陰で帰れました。
私は付属品のよう。
毎回、勉強ですね。

こんちわ。
赤禿山も同じ、底なしふっかふっかパウダーってのも考えもんですね(笑)
あれで、急斜面が多ければ楽しいのだろうけども、転んだ時のことを考えると、悩みます・・・
若獅子会のt君。進んでラッセルしてくれたので大助かり。
さすがです(^0^)
そのうちまたご一緒してくださいね。

○banchiさん
赤禿山もどっさりフカフカパウダースノーでしたか。
積雪が多い時は、行き先も、限られるんですね。
ラッセルが大変でも、例え滑れなくても、また山に行きたくなるのが不思議です。
こちらこそ、またご一緒させてくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401309/38581421

この記事へのトラックバック一覧です: 第2弾!大品山:

« 大品山 | トップページ | 家族会議 »

無料ブログはココログ