« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

災害ボランティア2

一日目午後からは、朝日町で例えると笹川のような谷合いの集落での

ガレキの撤去作業を行いました。P1030383               津波の高さが約10m 山肌に痕跡があります

P1030385               立派な杉の木!大人数で作業を進めます

P1030386散乱している瓦・壁・日用品を分別します。

もちろん写真もありました。写真を手にするときが最も緊張しました。

旅行先での写真、赤ちゃんの写真・・・

ちゃんと本人の手に渡って欲しいな。

P1030389               車もぐじゃぐじゃ 

P1030390津波が来る前はどんな町並みだったんだろう。

痕跡もない景色に愕然とします。

でも、凹んではいられません。少しでも役に立ちたい!無心で作業に取り掛かりました。

P1030405

 作業を終えてホッとした表情。

ちょっぴり役立った実感が持てて、みんなイイ顔!

目的は同じボランティアなので、ボランティア同士すぐに打ち解けちゃうんですよ。

そんな雰囲気が山小屋の雰囲気のようでした。

気仙沼小泉浜ボランティアセンター(通称:はまセンhttp://hamacen.hida-ch.com/)は地域の方、NPO、ボランティアが自主的に立ち上げたボランティアセンター。震災前から地域の方とNPOがつながりがあったわけでもないのに、たまたまこの小泉浜でボランティアセンターを立ち上げることになったとか。

たまたまって・・・!?

それだけ被害が甚大で、ニーズがあったんでしょうね。

NPO飛騨の川上さんがおっしゃっていました。

「この地域の方はいい方ばかり。地域の方とボランティアのおかげです。

おかげさまなんです」と。

おごらない心、おかげさま。

この気持ちが「はまセン」にかかわる人びとに伝わり、

より良い活動になっていくのだと思います。

しかし、この「はまセン」は6月12日で閉鎖されるんです。

行政は貴重品等流されている地域にボランティアが入るのを快く思っていなく、閉鎖を決定したようです。避難所も閉鎖され、住民は仮設住宅か他の避難所に移ることになっているそうです。

地域から芽が出た素晴らしい活動なのに残念に思います。

でも、日一日と被災地域の状況が変わるのでやむをえない結果なんでしょうかね。

最後に、災害ボランティアをしての率直な感想は

「行ってよかった!またボランティアに行きたい!!」

そう思います。

私の報告は被災された地域のほんの一部の状況です。

被災地域は茨城~青森の広範囲にわたっています。

実情は地域によって違うと思います。

だからこそ、みなさん!観光でもいいから東北へ行ってみてください!!

そして自分の目で見てください!

2011年5月30日 (月)

災害ボランティア

5/28(土)  29(日)気仙沼へ災害ボランティアに行ってきました。

出発は27日(金)pm9:00

目的のボランティアセンター「はまセン」に到着したのは am5:30。

8時間半の道中を経て気仙沼本吉小浜町に到着しました。

目を覚ますといきなり、こんな光景が・・・

P1030356                    外枠しかない建物

P1030363

P1030365                  土台部分しかない家跡   P1030364                   壊れた高架橋

静かな夜明け。建物の跡しかない町。

息を飲みました。

とても恐ろしい水の力。

人間なんてとてもちっぽけ。

みんなも自分の目で見てほしい。

そして考えて欲しいよ。

私たちはどう生きたらいいの?

さて、日記に戻ります。

この「はまセン」ボランティアセンターは私が勤めている社会福祉協議会が立ち上げたボランティアセンターではなく、地元の方とNPOが立ち上げたボランティアセンターなのです。ニーズがあるからこそボランティアセンターが立ち上げられたんだろうけど、どういう経緯で立ち上がったんだろう?その経緯が気になり、是非とも「はまセン」へ行って実際にボランティアしてみたいと思ったのです。

P1030372                     ボランティア前のミーティング風景

この「はまセン」は避難所でもあります。ボランテイアだけでなく、避難所の方、地域の方も参加してミーティングを行います。初めて参加したボランティアは自己紹介をするんですよ!自己紹介を行うのはこの「はまセン」だけの取り組み!!ボランティアも一人の人として見てくれている「はまセン」の姿勢にまず感動しました。

そして、「はまセン」はボランティアにも三食ご飯が出るのです!とはいっても、カップラーメンやおじやなどですが、それでも食事の心配をしなくていいのはありがたいです。

P1030374                 みんなで体操♪

さて、緊張のボランティア作業。。。

P1030368                一回部分がごっそりない家屋

P1030378 P1030380P1030402   

“21浜”での瓦礫の撤去作業を手伝いました。

斜面には瓦礫やビニールシートや家庭洗剤や毛布、あらゆるものが流れ着いています。その瓦礫たちを集めて収集所に持っていくという作業。ただただ行ったりきたり運びます。

みんな泥だらけになって作業を行いました。

この瓦礫の撤去作業を依頼したご主人も共に作業をしてくださったのですが、多くを話すこともなく、背中も丸くなり沈んだ表情でした。私たちが休憩への行こうとすると、深々と長時間頭を下げて私たちを見送ってくださいます。

ご主人さんの小さくなった背中、忘れられません。

つづきは明日。

「はまセン」の成り立ちについても保留です。

2011年5月29日 (日)

帰ってきました

1306679096024.jpg

無事、気仙沼から帰ってきました。

津波被害にあった場所は
家は津波にさらわれ基礎しか残ってなくて
ガレキがそこらじゅうに散乱しています。
あまりにも広範囲。ため息が出ます。

しかし、ボランティア作業は充実したものになりました。
選んだボランティアセンターが良かったんです。
『はまセン』と呼ばれる小浜地区にあるセンターなんですが、そこにいる人(地元の方、ボランティア)人が良くて、すぐに仲良くなれちゃいました。
詳しくは、また明日!

写真は気仙沼パンのクリームサンドです。
パッケージかわいいですよね。

2011年5月26日 (木)

気仙沼へ

今週末、気仙沼へ行ってこようと思っています。

仕事じゃなくて、ボランティアの一員として

一般市民の目から被災地を見てこようと思っています。

数週間前に友人がボランティアとして、宮城・岩手へ行ってきました。

友人の体験談を聞くと、被災された方々は

“この光景を見てほしい”

“避難所の方々としゃべって話を聴いてほしい”

“一日でもいいからボランティアしてくれたら助かる”

そう思っていると。。。。

災害が起きた当初から「何かしたい!」と思っていたけれど

具体的には募金を集める活動を中心にしか活動できていませんでした。

被災地は余震も少なくなり、交通整備も進み、少し落ち着いたように感じます。

でもそれが、被災地から離れた地域では“風化”にもつながっていると感じます。

原発の動きにばかり目が行ってしまいがちです。

でも“風化”させたくない。

いつかここでも天災が起きるかもしれないのです。

だからこそ、私は現地に行って自分の目でしっかり見てきますね。

週末の天気は雨。。。

雨だったら、ボランティア活動中止するセンターが多いみたい。

直接の被災者支援はできるかわかりませんが、いってきます!

P.S.

現地はポカリスエットなどのスポーツ飲料の粉末が不足しているようです。

協力してくださる方は、明日の夕方まで私に連絡をください。

2011年5月24日 (火)

ひとやすみ

1306213081482.jpg

富山城を眺めてひと息。ホッ

富山で研修会でーす。
職場から出発する際に、財布を忘れたことに気づき
お小遣いをお借りしてきました。トホホ

本日、私の財布は紙封筒!
紙封筒を持ち歩いている人は札束持ってそうなのになー
私の所持金、1320円なり(笑)

2011年5月22日 (日)

草餅

1306072764655.jpg

昨日、山から摘んできたヨモギを使って
ヨモギ白玉を作りました!

いい香り~

ヨモギ白玉を味わうのを楽しみに作ったのに、
作るのに満足してしまい、あまり食べてない。

でも、喜んで食べてくれる人がいるからいいか。


話は変わりますが、『岳』を観てきました。
山に捨てちゃいけないもの…
ゴミと命。

みんなも、私も、生きて帰らなきゃ!
約束ですよ。

それにしても、穂高連峰の景色は美しかったなー。
もっと景色シーンを流して欲しかったな。

2011年5月 5日 (木)

立山へ リベンジ!?

GWは立山三昧!

3日、4日は一泊で立山へ行ってきました

今回もシュンちゃんに誘っていただき、

筏井さん、ラガーマンマンさん、ヒロさん、まっちゃん、ミーちゃん、まーちゃんの

8名で立山でスキー&ボードを楽しみました。

1日目】 みんなで一の越~浄土山方面へ

P1030263

いつの間にか静岡から日帰りで遊びに来たという男性もチームに加わり

賑やかに登ります。

P1030265    P1030266_2

  室堂を背景に            アッチに向かおう!

P1030276_2                               バックは雄山山頂

P1030279_2  P1030281

       穂高方面です        富大の観察所

昼食は自己紹介を交えながら軽くいただきました。

ラガーマンさん、ヒロさん、まっちゃん、ミーちゃんは初対面なのですが

山を趣味にする方はすぐに打ち解け仲良くなれてしまうんですね。不思議なものです。

まっちゃんとミーちゃんはご夫婦なのですが、GWに入ってから

大阪→東北→富山と本州を2人でめぐっておられる最中なんだそうです。

夫婦で日本を巡り歩く程の仲の良さ、いいな~と思いながらお側に居させてもらいました。

さぁ、室堂へ下山。宿泊先は「室堂山荘」です。

しかし、まーちゃんだけはテン泊です。

薄情な私は、風邪をひいたことを言い訳に小屋泊を希望しました。

「まーちゃんだけテントに泊まられ!」とチョット冷たい一言を言ったので

形上のおわびに、テント張りを手伝いに雷鳥沢まで同行しました。

この寒いのにテント50張りほどもあって、その多さに驚きです。

まーちゃんのテント張りを手伝い(イヤ、横で寝ころがっていた?ん?)

足早に室堂山荘へもどり、

その後はぬくぬくと暖かい山荘で宴会を楽しみました~~

2日目】

翌朝、うっすらと新雪が積もって黄砂の黄ばみが消え、再び純白の世界に。

本日はみなさま方とお別れし、まーちゃんと剱御前小屋を目指すことにしました。

P1030284

私も板を担ぎ、アイゼンを履き一歩一歩足を前に出すのですが

傾斜がきつくて相当しんどいんです。。。

呼吸が苦しくてぜんぜん登れてなくて、大勢の方々に追い抜かされました。

調子が上がらず、ペースもつかめないまま、それでもなんとか剣御前小屋へ!

P1030289

P1030291_2                                  奥大日岳

P1030306

P1030305_2   P1030307

剱岳!!圧巻の迫力!

剱岳と対面したら、登りの辛さも吹っ飛んじゃいました!

ひどかったけど頑張って良かった。

剣御前小屋でゆかりさんといずみさんも会い、

スペシャルな剣御前小屋での時間になりました。

さ~て、待ちに待った滑り!

P1030311   

P1030312                          まーちゃんのボード。

                          いえーい!!私も滑るぞ!P1030314

P1030316

P1030317 3時間登って下りは一瞬だよ~。

滑り降りたバーンを見ながら一杯やってから、家路に着きました。

あ~、楽しく優雅な二日間でした。

数日前の恐ろしい立山とは違って穏やかな立山だったなぁ。

2011年5月 1日 (日)

GW前半

前半から山登り全快です!

「立山 タンボ平」へと行ってきました!

天気予報では“晴れ”だったのに

山の上は重い雲が覆い圧迫感を感じるほどでした。

P1030211 室堂ターミナルは人がわんさか。

P1030228 一の越から東一の越(?)に向かって雪渓を切って歩く。

スリル感は結構好きなのですが、足場を確かめながら歩きます。

P1030232

そして、「タンボ平」滑走~!!

P1030249

気持ちいい~!!と叫びたいところでしたが

雷に追い立てられ、いや~怖かった。。。。

正面で稲妻が走ったかと思えば、次は左、次は右後方から雷が落ちる音が聞こえ、

稲妻が真横に走るし、雷の怖さを初体験しました。

無事で良かった。

帰りの室堂ターミナルは人でごった返し

バストラブルがあったらしく、バスが一時運休。

4時間待ち。。。家到着は9:30でした。

は~ 疲れました。

怖い思いも待ちぼうけも、コレも経験。

またいい経験ができました。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

無料ブログはココログ