« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月28日 (金)

スキーが届いた!!


undefined
スキーの板が届いたよ!
K2の板になりましたー

早く冬よコイコイ!
滑りたい。
みなさま、今年も連れていってくださいね。お願いします

そして、今夜はキャンプ日和。
車庫に張ってある借りているテントで寝てみようかなぁと思っています。

秋の夜長を楽しみましょう
undefined

2012年9月22日 (土)

南アルプス2日目・3日目

H24915_089
白峰三山縦走コースのメイン日!2日目。3000メートルの稜線を歩きます。

5:30北岳山荘を出発!風が強くて心配したけれど、カラッと湿気もない晴天!朝日は北岳の側面を照らし、富士山も茜色の空に浮きでて、信じられない景色が広がりました。富士山、秩父連邦、八ケ岳連邦、北岳、駒ケ岳、仙丈ヶ岳、北アルプス、中央アルプス!どこを見ても3000メートル級の連邦が見渡せて、大興奮です!日本のへそ(中心)にいる気分。「山を好きになって良かった!」こんな景色をみることができて幸せ!ハッピー!!

H24915_055

H24915_071_7

H24915_086_3
北岳・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳の3峰をバックに!

実はこの写真の直前、コンタクトを落としてしまったんです。。。コンタクトを落として茫然としている私でしたが、H翔くんは葉っぱをかき分けコンタクトを探してくれました。でも、見つかるわけがなく、あきらめることに。一週間前に買ったばかりの新しいコンタクトだったのにー!1万円が一週間でなくなっちゃった。グスン。でも、2泊小屋泊まりしたと思えば、コンタクトの1万円なんて安いもんだ。こんなに天気もいいんだし!楽しもう♪と気持ちを切り替えて歩きます。

H24915_091

H24915_100
オーナーが個性的で評判が・・・の「農鳥小屋」 お客さんとモメてましたよ。

H24915_101

H24915_105
景色は最高なんだけどなぁ。

H24915_116
富山ペアで♪ この写真はお気に入り。

H24915_119
農鳥岳に到着!ここからは下山のみってことなので・・・

H24915_121
いっただきま~す!!  ワインにうかれ「降りたくない~!!!!!」と駄々をこねる。「早く小屋について飲めばいいじゃん」お酒の誘惑にめっぽう弱い私。なだめられ下山を決意。
H24915_124
この写真もカッコいい!H翔くんの正確な地図読みのおかげで、安心して山行ができました。ありがとう。

H24915_128
14:30大門沢小屋に到着。テン場がない。テン場外にテントを張り宴会開始!しかし、この小屋のトイレにカルチャーショック!トイレは掘立小屋。板張りのトイレ?板が一枚ない。真ん中の板が一枚ない。。。。トイレ?そして下は地面なの。地面に汚物が山になっているのです。トイレのドアも鍵がかからない。風が吹くとで開いちゃう。。。

はぁ~。。。。。

ここが日本と思えない、このトイレ事情。南アルプスのトイレは悪いと聞いていたけれど、なんてこった!小屋のトイレが全部こんなトイレだったら、登山ブームは一気に消滅するでしょうね。自然保護の考え方の違いにカルチャーショック!!

H24915_132

【3日目】6:30大門沢小屋を出発

H24915_130

雨ですの~。寒くないからいっか。

これでもか、これでもか、と続く急な下り坂。北アルプスに下り坂7時間半かかるコースってありますか。南アルプスの山の大きさ体感します。これは元気なうちじゃないと歩けないや。

H24915_133_4

H24915_142_3


10:00奈良田に到着。ここから北側はマイカー規制。厳重ですね。

H24915_146
温泉に入って汗を流し、バスを2回乗り継いで、戸台口へ。

そして帰路に着きました。

21:00自宅到着。

当初は、この連休は雲ノ平に行こうかな~って考えていました。でも先月、山の中で出会ったガイドさんが、若いうちに南アルプスの南側(聖岳など)を歩いた方がいいっておっしゃってて、そんな魅力的なところなら是非行ってみたい!でも、初めからそんなハードな山歩きは心配。T也さんが「このコース行きなさい!」って入門編を教えてくれて、勢い半分1週間前に山行が決定されました。山での出逢い、そしてプロ達の言葉に動かされ、そして一緒に歩いてくれる友のおかげで南アルプスを歩くことができました。みんな、ありがとう。またまた山に魅了された3日間でした。









初めての南アルプス

H24915_027


9月15日(土)~17日(祝)は、初めて南アルプスに行ってきました!

コースは、南アルプス黄金ルートの「白峰三山縦走(北岳~間ノ岳~農鳥岳)」です。

1日目:広河原登山口~北岳山頂~北岳小屋テント泊

2日目:北岳小屋~間ノ岳~農鳥小屋~農鳥岳~大門沢小屋テント泊

3日目:大門沢小屋~奈良田温泉下山

9月14日(金)19:30、H翔クンと朝日インター発。戸台口で車中泊。

H24915_004

【1日目】

9月15日(土)5:30北沢峠に向けてバスに乗車。北沢峠でバスを乗り継ぎ、広河原へ。そこで、関東方面から来た友達と合流!登山口で待ち合わせをするなんて、旅ならではの楽しみですね。でも、携帯も通じない山中での待ち合わせは難しく、あっちにウロウロ、こっちにウロウロ。結局友達は、山荘でお昼寝していました(笑)ちゃんと話をつめておかなきゃだなと反省しました。

H24915_005


広河原出発8:30。超元気!満面の笑みですね。たくましい男子3人に囲まれてお姫様登山の始まりです(笑)←いや、案外お姫様でもなかったかも。男の子扱いされてます(汗)

H24915_014_2
北岳の左俣コースは登りつめていくと、どんどん急登に。しまいには木の階段(通称アスレチック)の連続です。続々現れるアスレチックに童心に返りはしゃぎつつ登ります。

H24915_018_3八本歯のコル。名前からイメージできるように、岩場がゴツゴツです。

H24915_010_3

H24915_041_6
急登の側面は、一面お花畑!南アルプスで見る花はどの花も新鮮で、北アルプスにはないお花のように見えてきて、思わずカメラを構えました。このピンクのお花はなんていうお花なんでしょう?

14:00北岳登頂!「北岳に来ただけ~」と冗談を言ってしまうほどの霧の中でした。それでも南アルプスの1峰に登頂し満足です。登頂の喜び束の間、急ぎ足で北岳山荘へ向かいます。テン場がないかも・・・追い越されるたびに「テン場が1つ無くなった・・・」と人がテントに見えてきます。急げ急げー!!!

H24915_031そして、15:30北岳山荘に到着。やはりテン場がないっ!?小屋からちょっと離れたところに家を建てます。

H24915_045
夕方に雲が上がってきて、夜には満天の星空が広がりました。衛星の動きも肉眼で見える!!星空が360度広がっているのに、人間の肉眼では頑張っても星空の1/4ほどしか見えないんですね。全部見たいけど見れないじれったさを感じ、そして、私の目に見えるものは一部分なんだな~と思い、しみじみと語り合った夜でした。

つづく。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

無料ブログはココログ