« しっぽり | トップページ | 花ざかり »

2013年6月 2日 (日)

ニャンちゃん又谷

P1050747
6月1日(土)ニャンちゃん又谷、いやいや『猫又谷』に行ってきました。

ニャンちゃんポーズを撮るのに賛同したのはー、7名。

もちろん会話の語尾は「ニャン」(笑)

「やったーニャン」

「頑張ったニャン!!」

こんな具合(笑)

P1050742

5:50車より出発。

ザックにスキーと靴を付けて歩く。P1050743

P1050746_7
ブナの若葉が美しい~うっとり。

奥の谷が「猫又谷」  うー、まだまだ遠い。

「猫又谷」の雪上までは至難の道のりでした。

雪がだいぶ溶けてて、道がわからず8:00に敗退しそうになったり

P1050773

川を渡るのに四苦八苦したり・・・

P1050748

ゲロゲロードと名付けられた、ガマガエルがさんが立ち向かってくる道を切り抜けて、やっとこさ雪の上に辿りつきました。(アプローチは約1時間)

P1050749

P1050752_2

雪の上に乗っても、藪やクレパス(川が流れてる)がお目見えしてて、障害物レースみたい。
P1050754



P1050755


P1050757

P1050762「猫又山」

早月川(早月川)から猫又山を見ることはあっても、こっち側から見るのは始めて。

早月川側から、大猫山・猫又山・・っていくつもの山をまとめてみることはあっても、

その中の「猫又山」だけを注目し、そこに向かっているのは妙な感じ。

ザックリ大まとめで見ていた山に必死に登ってみたものの、私は、途中でピークハントをあきらめる。

4人が、谷を上り詰めてコルまで目指す。

ガンバレー!!!!!

私、無理。

P1050766


P1050767


P1050770コルを目指す4人にエールを送りつつ、はっぱさんとカンパーイ。

軽い宴会後は、ちょい下の分岐まで降りて、お昼寝中のヤマトさんと合流。

そして、スキーの滑り練習×3回。上まで目指さなくてもこれはこれで面白かった。

でも、コルから滑り下りてくる4人は別世界に行ってきた人みたいに見えたっけ。

うらやましかったな。

滑りは、後日、はっぱさんの動画にて。

山登り要素&藪こぎしつつも、雪を求めて歩いたこの『ニャンちゃん谷』

雪を求めて歩くと、とても大変!辛いことを知り、

でも、雪上を滑るとスイスイ進んで超面白くって

「もう一回!!!」って言いたくなりますが、

雪を求めると体力足りないし、もはや限界なのかもー。

今シーズンも楽しい山スキーに、山の父ちゃんたちのおかげで連れていってもらいました。

いつも、おんぶにだっこですが、ありがとうございました。

報告していない山スキーツアーもあるので、ぼちぼち思い出めぐりしていきたいと思っています。

では!

« しっぽり | トップページ | 花ざかり »

コメント

お疲れさんでした!
楽しかったね〜!

アプローチが楽な時に劔見に行きましょ!
( ´ ▽ ` )ノ

◎ひろりんさん
アドベンチャー的山スキーで楽しかったですね。
荷物が重たいのでクタクタでした~。
次回は5月中に行きたいですね。


6月に雪山  いいなぁ
もしかして 7月位まで楽しめるのかな?
こちらは つつじの ミヤマキリシマ盛りですよ
今日 休みだったので 九重の平治岳行って来ましたよ

ここはミヤマキリシマの群生で有名な山ですけど
いつもはこの時期 梅雨の為なかなか行けなかったんですけど
今年は空梅雨みたいで 雨があまり降らないので
青空の下 綺麗なミヤマキリシマ見れましたよ

いつか 5~6月に九州に来る予定ありましたら
アケボノツツジやミヤマキリシマ の綺麗な山 一緒に登りたいですね

◎123さん
こちらは、雪を求めてガツガツ歩けば年中滑れます。
落石あるものの大雪渓があるので、雪上であればいいと割り切れば
広いバーンがあります。
でも、そろそろ雪シーズンは卒業です。

九州は、ツツジが見ごろですか。
ミヤマキリシマか~。ツツジが咲き誇った山並みは見たことがありません!
気候が全く違いますもんね。南国の山も歩いてみたいなー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニャンちゃん又谷:

« しっぽり | トップページ | 花ざかり »

無料ブログはココログ